読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016フランス旅行記10 2/21 ディジョン

ディジョン1日目。

初日から市内ではなく、郊外のボーヌと言う村へ。ブルゴーニュワイン好きなら誰もが知っている地名です。

 

ディジョンから電車で20分程で到着。なかなかの田舎。

 

f:id:pearlkoizumi:20160224004135j:plain

 

駅から真っすぐに伸びる道を歩くこと5分で城壁が見える。

実は城壁が未だ残る都市。

f:id:pearlkoizumi:20160224004248j:plain

 

場内に入り、中心に向かうとオテル・デュに到着。

ストラスブールにもあった、昔に施療院だった施設。ここでは毎年11月に世界的に超有名なワインオークションが開かれる。

そのワインこそオスピス・ドゥ・ボーヌこのワインの収入こそ、民間に無料で治療が施せる理由。そして何世紀もの間、昔と同じやり方でオークションが開かれる。

今でこそ日本の企業も買い付けに来ているようですが…

f:id:pearlkoizumi:20160224004326j:plain

f:id:pearlkoizumi:20160224004404j:plain

 

ランチは込み合ってるレストランで45分待っての食事。

30分散歩してきて!と言われ、後10分!と言われ^^;

 

エスカルゴのサラダ

牛肉のワイン煮

3種のチーズ

リンゴのワイン漬け

f:id:pearlkoizumi:20160224004459j:plain

f:id:pearlkoizumi:20160224004521j:plain

f:id:pearlkoizumi:20160224004539j:plain

f:id:pearlkoizumi:20160224004605j:plain

凄く美味しいお店だったので、待って良かった!

特に前菜のサラダが素晴らしく美味。

 

お腹もいっぱいになったので、施療院を見学。

昔のモノも多く残り、再現するところは高いクオリティで再現していた。昔の人の暮らしぶりを想像するのも面白い。

f:id:pearlkoizumi:20160224004636j:plain

f:id:pearlkoizumi:20160224004840j:plain

 

ボーヌを堪能し、夕方にディジョンに戻る。

夜はマルサネとさらに北のブルゴーニュを飲み比べ。