読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雛鶴練習会

121km

獲得標高:1050m

平均:26.1km  81rpm

狛江ー大垂水ー雛鶴(入り口)ー大垂水ー杏林大学付属病院ー狛江

 

朝6:30に起きる。

割とギリギリ...寝袋生活のダメージが取れない。

雨も上がってるので、着替えて出発!

 f:id:pearlkoizumi:20160626104656j:image

 

 大垂水・往路・4.2km

9:35分、26km/h、95rpm

しばらく走っていなくて、脚の重みもあったけれど、タイムは悪く無い!

少なくとも、去年の沖縄前と同じようなタイム。ということは、まだまだ上げられる。

それ以上に山田君が早い!背中が見える位置ではあったけど先行されてしまった。年も近いしこれは負けられないな。今後もよろしくお願いします山田君!

 

雛鶴峠へゴルフ場通過後、の下りで攻めてみる。路面はウェットなのにテンションが上がってしまった。

しばらくしたアールのきついコーナーで、前輪が滑り上体を立て直すも、今度は曲がりきれず、案の定落車。

スピードはあまり出てなかったけど、アウトに逃げようとしたら、草むらの中に歩道があり前に射出されてしまった。

 

最悪の先頭で落車...後ろの山田君、富永さんが心配。2人は走り出そうとしてるので、何とか大丈夫そう。

チェーン掛けて、自転車確認して走ろうとするも富永さんに止められる。

見るとボダボタ血が出てる。草むらの中の使われていないゴツゴツした歩道に打ち付けたのだろう。

幸いにもアゴだけだったので再度行こうとするも、中尾さんに止められる。

 

1人で戻ろうとしたけれど、中尾さんと富永さんに付き添って頂いた。面倒かけてしまいすみませんでした。けれど凄く助かりました。

 

実質、練習中止だろうか...シド練参加の皆さんには貴重な週末の時間を奪ってしまい、申し訳ない気持ち。

練習で命がかかりそうな走りをするのは阿呆だった。大反省。

 

病院は大きいところしか受け付けてくれないので、コンビニで応急処置をし、40km先の杏林大学附属病院へ、裏タルミを登って、走っていく。

 

  大垂水・往路・4km

10:45分、21.5km/h、ケイデンスデータなし

 

病院に着くと救急患者対応も1時間待ち。ctスキャンして、縫合。

医者曰く骨見えてて深いので、数えてないけど10以上は縫ったと。

骨は問題なし!やはり丈夫らしい。自転車も体も大丈夫なので、走る分には問題なし。

石川に向けやらねば。走りで返そう。

 

2人にお礼をお伝えし帰宅。

ダッシュで湘南台の美容院へ!

f:id:pearlkoizumi:20160626103358j:image

 

麻酔も切れてきて激痛、痛くて頭痛もしてくる。鎮痛剤飲んで実家へ帰る。

 

食べれる物をたくさん食べる!怪我や体調不良は先ずは食べて免疫をつけてから。

この時期は膿みやすいから気を付けよう。