読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

JBCF群馬day2

4/23、日曜

JBCF群馬day2

クラスタ:E2 / 6km×4(24km)

リザルト:51

 

 朝イチの8:00スタートでお店4:00出発。のはずが、色々あり30分遅れで出発。

 

到着と同時に20分でアップして、出走準備&受付。

 

試走時間はなく、緊張感を味わう前にスタートライン一番後ろに並び、レースが始まる。

 f:id:pearlkoizumi:20170427123159j:image

この光景はデジャブ(笑)

 

コースは分かるし、基本ドライとの情報と、前半はローリングスタートなので、試走は無くても問題ない。

ローリングスタートで集団真ん中まで上がり、リフト坂と心臓破りの中切れを交わしながら、先頭まで上がる。

 

f:id:pearlkoizumi:20170427123202j:image

ポジションは下げないよう先頭15〜20番くらいをキープ。2,3週と走ると、悲しいことに、周りに比べ心臓破りで余裕が無いのが分かる。 

 

レースは3〜5秒の飛び出しがあるだけで一切逃げは出来ず、最終週へ。

心臓破りまで行っても何も出来ず、勝てるビジョンが皆無だったので、けん制の掛かったリフト坂の中腹から一気に抜け出そうとする。

驚く程キレがない(笑)そのまま下りも踏むも、棒状一列。

イメージと違うぜ...

そのまま心臓破りでズブズス。堪え性のない走りだ。

 

木〜土の練習で脚の重さがあったが、敗因との関連性はそんなにないだろう。たったこれだけの距離のレース、調子どうこうではない。単純に力無さ。

細部を見ると、良いところもあったのかも知れないが、低次元で一憂したくない。ああだったら、こうだったらと逃げずに、今年は結果に向き合って、常に勝負を見ていこう。

 

ましてや、ブログ書くためにレース走ってる訳じゃない、勝つ為に、何かを得る為に走ってる。全然足りないな。

しっかり準備してレースに挑む!

 

ランド坂練習

4/26、水曜日

ランド坂:8本

 

2:30〜40を目安にインターバル。

5本連続

レスト入れて

3本連続

 

乳酸耐性がダメダメ過ぎる。これではレースにおいて全く勝負できない。

平日は筋肉量増やす練習入れつつ、長めインターバルを重視していこう。

8本目は最後全開まで上げたら、脚プルップルになった。

 

f:id:pearlkoizumi:20170427123129j:image 

本日のカツ太郎

金曜-ランド坂/土曜日-雛鶴練

4/21、金曜

ランド坂:5本

f:id:pearlkoizumi:20170424133756j:image

全開で2:08の自己ベスト更新で、2:40前後を4本。

 

正直、土曜日の練習は日曜日のレースに備え行くか悩んだ。

 

中尾さんが沖縄に行ってしまった狛江店の走行会、レース共に今まで以上に盛り上げたいと密かな思いがあるので、前々から色々な方に雛鶴練習会のお誘いをしていた。

その結果、多くの方々に参加する!と言って頂けて、翌日レースのどぅーさんも参加すると言っていたので。。。

悩みは晴れた(笑)

 

4/20、土曜日

雛鶴:140km/1517m

狛江ー四谷橋ー大垂水峠ー雛鶴峠ー大垂水峠ー浅川ー狛江

f:id:pearlkoizumi:20170424133813j:image

写真には写りきっていないですが、沢山の方々が参加!

げっ!シャーク丸山さんがいる(笑)

 

f:id:pearlkoizumi:20170424133902j:image

大垂水峠

先発、後発に分かれスタートするも、大垂水峠入り口でネヅさんがサイドカットで離脱。

15分のタイムロスを埋めるべく、どぅーさんが良いペースで大垂水を上っていく。最後上げるも、もがきはせず3番手。

 

雛鶴峠

去年の秋からどぅーさんが呼びかけてる、上りはペースで、平坦をしっかり踏み、まとまってローテ。

これが上手くできるとバラけるより速いし、一人一人の満足度も高い練習になる。

今回は残念ながらローテが回らない...それもこれから練習!

 

中央館のどぅーさんのアタックにアドレナリンが・・・

丸山さんももちろん反応。後ろについてペースを上げるも、しばらくして冷静になり流す。木、金の練習でそもそも脚が重い。。。

f:id:pearlkoizumi:20170424133912j:image

ここで補給&現金忘れが発覚・・・饅頭食えず。

 

雛鶴復路はメインで先頭を牽いて、ゴルフ坂以降は分裂した後方を一本引き。

大垂水前に先頭を視界に捕らえ、コンビニまで持つ!と謎の自信は大垂水前のハンガーノックで喪失(笑)。

 

おかげで踏まずに済んだとも言える。

集中すればする程、気持ち悪くなるので程ほどに上り、全体練習終了!

帰りは浅川からお店まで。

 

 夜10時に寝て、3時には起きないとなので、快眠の為にも昼寝は許されない!

自転車のメンテナンスと料理。

f:id:pearlkoizumi:20170424134105j:image

砂肝をした処理して、さっと炒め、赤ワインで似たらゲキウマ!!!

 

f:id:pearlkoizumi:20170424134107j:image

豚バラとひよこ豆をトマトベースで煮込んでみる。

うまし。

Windows 起動時のBCOD(ブルースクリーン)、nvlddmkm.sys、0x00000116

4/17〜20

月曜日にpcが初のBsodブルースクリーン)に。

今後のために書いておこう、、、

 

<症状>

Windows起動時にブルースクリーン

・エラーコード0x00000116(ざっくりグラフィック関連)

・問題のファイルnvlddmkm.sys

・セーフモードでの起動可能

・グラフィックドライバnvidiaアンインスト-ル状態での通常起動可能

nvidiaはどのverにおいてもインストール状態では起動不可

.

f:id:pearlkoizumi:20170421093651j:image

すぐに直るかな〜と思って電源落として放置(放電)しても直らず。連続bsodの泥沼化したので、夜も遅いし就寝。

 

f:id:pearlkoizumi:20170421094048j:image

翌日

 

1.まず初めに物理的に確認。

PCの掃除、グラボの接続、マザボの電池交換、諸々…

結果:まぁ直らず。

f:id:pearlkoizumi:20170421093942j:image

 

2.セーフモードでの起動を確認。

グラフィックドライバnvidia関連を全てアンインストール、Cドライブのnvidiaファイルも削除。

結果:通常起動に成功、しかしどのverにおいてもグラフィックドライバのインストール状態では通常起動の際にwindows立ち上げ画面でBSOD。なお、セーフモードは変わらず可能。

 

3.nvlddmkm.sysの削除

コンピューター上のnvlddmkm.sysをすべて削除、検索をかけると、過去の更新の複製か沢山でてくる。この積りがお互いに干渉してる可能性があったので。

消せないものは管理者権限を変更して削除。それでも2程一番最初に入れたものは削除できず。

結果:直らず、上記と変わらない状態。

 

4.グラフィックボードの交換

ここまで書いてきて言うのもあれだが、実際にそんなにPCに詳しい訳ではない(笑)

色々試してきたが原因がどこにあるか分からないところはあったが、グラフィックボードの可能性が高いと思っていた。

6年近く使っている訳だし、、、

試しに中古で適当に購入とも思ったが、良い機会なので新品で購入。

といっても旧型のGTX560Ti。現行の1060はいまのマザボには合わないので。

 

グラフィックドライバを削除した状態からグラボを交換し、CD-ROMからドライバを入れる。ドキドキの再起動。

結果:無事に通常起動可能に。

※もしかしたら、グラボを交換せずとも直す方法があったかもしれないが、僕の場合は交換で解決。

f:id:pearlkoizumi:20170421094006j:image

ドライバを今まで使っていたverまで引き上げても、全く問題なく起動出来ることを確認。

こうして3日間の死闘を終えた。 

 

f:id:pearlkoizumi:20170421094017j:image

 コイツめ・・・

まぁ6年間頑張ってくれたよ(笑)

 

ランド坂練ー監督練

4/20、木曜

 

ランド坂ー監督練

ランド坂:SFR/3min/300w/46rpm×5本

この時点で脚がパンパンになったが、筋トレした後は心配の筋トレもしたいので、引き続き監督練へ向かう。

f:id:pearlkoizumi:20170421092242j:image

初めてここで写真撮った(笑)

f:id:pearlkoizumi:20170421092252j:image

夜景綺麗なんだな〜(ゼーハー)

 

ヤオコー坂:7本

最後にスプリントする感じで4本。

5本目は中盤から早がけしたら黄金のタレに...既に筋肉が乳酸化して美味そうに(謎)。

6本目はレスト。

最後ほ7本目もスプリントでどぅーさんと勝負。

f:id:pearlkoizumi:20170421092802j:image

木曜日の夜に皆様お疲れ様です!お陰様で楽し苦できました(笑)

今後も引き続き、苦しみま...楽しみましょう!

 

参加人数が減少傾向の土曜日の雛鶴峠練 も、昨年秋からどぅーさんと協力して、全員で上手く出来るよう努力してるので、たくさん来て欲しいです!