読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

JBCF群馬day2

4/23、日曜

JBCF群馬day2

クラスタ:E2 / 6km×4(24km)

リザルト:51

 

 朝イチの8:00スタートでお店4:00出発。のはずが、色々あり30分遅れで出発。

 

到着と同時に20分でアップして、出走準備&受付。

 

試走時間はなく、緊張感を味わう前にスタートライン一番後ろに並び、レースが始まる。

 f:id:pearlkoizumi:20170427123159j:image

この光景はデジャブ(笑)

 

コースは分かるし、基本ドライとの情報と、前半はローリングスタートなので、試走は無くても問題ない。

ローリングスタートで集団真ん中まで上がり、リフト坂と心臓破りの中切れを交わしながら、先頭まで上がる。

 

f:id:pearlkoizumi:20170427123202j:image

ポジションは下げないよう先頭15〜20番くらいをキープ。2,3週と走ると、悲しいことに、周りに比べ心臓破りで余裕が無いのが分かる。 

 

レースは3〜5秒の飛び出しがあるだけで一切逃げは出来ず、最終週へ。

心臓破りまで行っても何も出来ず、勝てるビジョンが皆無だったので、けん制の掛かったリフト坂の中腹から一気に抜け出そうとする。

驚く程キレがない(笑)そのまま下りも踏むも、棒状一列。

イメージと違うぜ...

そのまま心臓破りでズブズス。堪え性のない走りだ。

 

木〜土の練習で脚の重さがあったが、敗因との関連性はそんなにないだろう。たったこれだけの距離のレース、調子どうこうではない。単純に力無さ。

細部を見ると、良いところもあったのかも知れないが、低次元で一憂したくない。ああだったら、こうだったらと逃げずに、今年は結果に向き合って、常に勝負を見ていこう。

 

ましてや、ブログ書くためにレース走ってる訳じゃない、勝つ為に、何かを得る為に走ってる。全然足りないな。

しっかり準備してレースに挑む!